水虫や皮膚トラブルは専門医に相談する~悩み解決センター~

ニキビをケアする

ニキビを治す方法を考える

皮膚の疾患として悩みの種となるものにニキビがありますが、様々な原因が考えられます。 一番言われていることは外気の汚れが付着して、毛穴につまってできるものや精神的なことが影響してできるものもあるとされます。 体全体的にできるものではあるのですが、主に顔にできて人目につくものになります。 白くポツポツとできることや、赤く炎症を起こす場合があります。 顔にできてとても目立つものですので、治療を考えるようになるのです。 ニキビは若いときにできるのが一般的ですが、年齢を重ねてからもできるということはあります。 若いときというのは新陳代謝がよいのでその分、分泌物も盛んに排出されますからニキビもできやすい状況にあるわけです。

頑固なニキビを諦めない

年齢を重ねてからも、ニキビができるということはよくあります。 その場合も皮膚に汚れがつまってできるものもあれば、ホルモンの関係でできるようなことがあるのです。 年齢を重ねたときにホルモンのバランスが乱れることにより、ニキビが表面に現れるようになるのです。 ニキビは早めに、治療に取り掛かるということが大切であります。 自分で治すという人もいますが、跡形になりやすいため皮膚科での治療が望まれます。 皮膚科では保険も適応できますので、自分やっているより皮膚科へ行って治療を始めた方が治りも早いのです。 皮膚科ではレーザーを使ったり、塗り薬の処方による治療が行われます。 個人差はありますが、何度か通院していますと徐々に解決へと向かっていくようになります。